技術の利

自動車・精密器機製造を中心とした技術

長崎を含む北部・中部九州は、愛知・関東に次ぐ第3の自動車生産拠点として成長しています。また、地域特性を活かした電子・情報通信、精密器機関連産業の展開も盛んです。

自動車産業

北部九州自動車産業の部品工場は、トヨタ、日産、マツダ(広島・山口)とホンダの共通サプライヤーとして、立地が進んでいます。

電子・情報通信、精密器機関連産業

長崎全域にわたって、自動車部品/電子部品/精密機器/電気部品/ソフトウェア/情報通信機器などの企業が多数立地しています。

造船を基盤とした技術

三菱重工業(株)長崎造船所を中心とした世界トップクラスの技術が集積。それを支える中小企業の中には造船関連で培った技術を発展させ、工業用機械や金属加工といった分野で世界的な評価を受ける企業も多く存在します。

異業種分野への取り組み


三菱重工業(株)長崎造船所、佐世保重工業(株)、(株)大島造船所を中心とした世界トップクラスの技術を支える細分化された中小企業が充実しています。
 

地域特性を活かした技術

半島や離島が多く海岸線が長いという地域特性を活かした風力発電などの新エネルギー・環境産業への取り組みが活発です。

環境・新エネルギー産業

三菱重工業の「太陽電池・風力発電システム」「大型リチウム電池」の研究開発・製造は、新エネルギー産業界でのポテンシャルが高くその技術は世界的に評価されています。

陶磁器産業関連

三川内焼、波佐見焼などの陶磁器産業では、産学官連携により、これまでに蓄積した基盤技術の高度化と新技術の融合による次世代陶器産業や新分野事業における製品開発を展開しています。

 
ページのトップへ