「H30 スタートアップラウンジ(第6回)」参加者募集のご案内

主 催(公財)長崎県産業振興財団
開催場所産業振興支援多目的ホール(長崎市出島町2-11 出島交流会館11F)
参加費1,000円(学生の方は500円)
応募締切2018年11月13日

(公財)長崎県産業振興財団では、平成28年度から、県外需要の取り込みや、新規ビジネスの創造等可能性を秘めた起業を支援するため、スタートアップラウンジを開催しています。
スタートアップラウンジでは、起業マインドを刺激し、新しい情報を提供するため、県外などから先輩起業家や起業の動向に詳しい専門家をスピーカーにお招きし、参加者への語りかけとディスカッションや交流会、参加者によるピッチ(短時間スピーチ)大会等を、月1回、継続的に開催します。
つきましては、起業に関心がある方、起業を検討している方、起業して間もない方などの参加をお待ちしております。

開催概要

開催日時

平成30年11月14日(水)18:30~20:30

開催場所

産業振興支援多目的ホール(長崎市出島町2-11 出島交流会館11F)
>>>Googleマップ

プログラム

タイトル 『九州で人口6番目の宮崎県ではじまった若者の創業支援、チャレンジの今とリアル』
内 容  『スピーカーからのご案内』⇒東京、福岡のスタートアップの盛り上がりのニュースが多いなかで新幹線も通っていない宮崎県で新しいチャレンジが続いています。商店街の復活、大学生の起業、クラウドファンディングを活用した新しいチャレンジ、大学と地域の連携、ITベンチャーの連続的誕生。東京のベンチャー企業、地方・宮崎県でのベンチャー企業経営に携わり、地方国立大学である宮崎大学の教員として取り組んでいる実際の可能性と課題、課題への挑戦状況を報告いたします。
スピーカー 宮崎大学 地域資源創成学部 講師 土屋 有 氏
講師:宮崎大学 地域資源創成学部 講師 土屋 有 氏

(略歴)
大学進学で上京。26歳で上場企業取締役、起業、面白法人カヤック事業部長、33歳で故郷宮崎へUターンし、地元IT企業に参画し取締役。新規事業(地域課題解決と収益性・成長性の両立モデル)立ち上げやM&Aなどを担当。2016年4月より現職。
宮崎での創業支援や成長支援を目的とする”宮崎スタートアップバレー”を立ち上げ、共同代表。ベンチャー企業の顧問、地方自治体における
産業政策関連の委員、日南市ローカルベンチャー事務局総合プロデューサー(2016-)などを兼務する。

主催

公益財団法人長崎県産業振興財団H30第6回スタートアップラウンジ開催案内チラシ

参加費(懇親会費込み)

1,000円(学生の方は500円)
※車でお越しになる方は、飲酒をご遠慮ください。

定員

15名 ※定員に達した場合、お断りする場合がございます。あらかじめご了承下さい。

申込締切

平成30年11月13日(火)

申込方法

以下の参加申込みフォームよりお申込みください。
また、ファクシミリでのお申込みをご希望の方は、ページ下部より参加申込書ファイルをダウンロード、必要事項を記入のうえご送付ください。
※ご記入いただきました個人情報は、本事業に関連した各種連絡及び情報提供等以外に利用することは一切ありません。
※電話でのお申込みは受け付けておりませんので、予めご了承ください。

申込先

公益財団法人長崎県産業振興財団 新事業創出支援グループ 担当:内藤、小島
電話:095-820-3091 / ファクシミリ:095-827-5243

参加申込みフォーム

ダウンロードファイル

問い合わせ先

  • 新事業創出支援グループ
  • 〒850-0862 長崎市出島町2-11 出島交流会館6F
  • TEL:095-820-3091
  • FAX:095-827-5243
  • E-mail:
  • 担当:内藤、小島

関連記事