DXセミナー ~2021年、長崎県の中小企業が「デジタル・トランスフォーメーション」を起こす!~の 開催及び参加者募集のご案内


主 催(公財)長崎県産業振興財団
応募期間2021年02月10日 ~ 2021年02月24日

2021年、日本についに本格的な「DX元年」が到来すると言われています。
コロナ禍を契機に、デジタル技術を活用して業務や組織、ビジネスモデルなどを変革するDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速するなかで、県内中小企業等がDXについての理解を深めていただく機会として、オンラインセミナーを下記のとおり開催します。
皆様の取り組みの参考となるような事例紹介を中心とした2日間のプログラムとなりますので、奮ってご参加ください。
※本ページ下の「ファイルダウンロード」から講演資料が事前閲覧できます。

主催

長崎県産業振興財団

共催

長崎県

日時

1日目:令和3年2月25日(木曜日) 17時00分から19時30分
2日目:令和3年2月26日(金曜日) 17時00分から19時10分

場所

セミナーについては、オンラインで聴講
※通信環境に不安のある方は出島交流会館2階CO-DEJIMA(長崎市出島町2番11号)において席を用意しています。
お申込みの際にその旨お伝えください。

内容

令和3年2月25日(木曜日)
セミナー (会場定員:15名、オンライン定員:200名)
講演2の聴講には事前に藤野氏の著書「小説 第4次産業革命 日本の製造業を救え!」(日経BP社)を読んで来られることをおすすめします。
CO-DEJIMにて貸し出すことも可能です。※詳細内容については、下記ダウンロードファイルの「DXセミナーチラシ」をご参照ください。

(講演1)17:05 から 17:55
演題:長崎県で実現するSociety5.0、DX ~ これからの社会・産業・行政の形~
講師:長崎県 企画部・産業労働部 政策監  三上 建治 氏

(講演2)18:00 から 19:30
演題:再考、DX・第4次産業革命 ~コンセプトと組織戦略~
講師:株式会社野村総合研究所 主席研究員  藤野 直明 氏/ 梶野 真弘 氏
※セミナーで使用する資料【NRI藤井・梶野著「第四次産業革命・日本の製造業を救え」】は下記のダウンロードファイルよりご準備ください。

令和3年2月26日(金曜日)
セミナー (会場定員:15名、オンライン定員:200名)
(講演1)17:05 から 18:05 ※オンラインでの講演
演題:「中小企業でのDX実現に向けて(経営改革・マインド改革)」
講師:ものづくりテラス 代表  林 芳樹 氏
※セミナーで使用する資料【「中小企業でのDX実現に向けて」 ものづくりテラス 林氏 】は下記のダウンロードファイルよりご準備ください。

(講演2)18:10 から 19:10 ※オンラインでの講演
演題:継続的に進化するIoT導入推進へ!~現場データの収集と見える化の最適な実現方法とは?~
講師:株式会社デンソーウェーブ IoT推進部 部長 名波 知之 氏
※セミナーで使用する資料【長崎 IoT DS_Presentation_20210226_v2】は下記のダウンロードファイルよりご準備ください。

参加費

無料

講師紹介


「長崎県で実現するSociety5.0、DX ~ これからの社会・産業・行政の形~」
長崎県産業労働部 政策監(新産業振興担当)/企画部 政策監(次世代情報化推進担当)
三上 建治 氏
北海道出身。名古屋大学院航空宇宙工学専攻。
経済産業省に入省、航空宇宙・ICT等の産業技術行政に従事、また、産学官や地域のオープンイノベーションも推進。
前ポスト(デジタル戦略官)では、中小企業のIoT/DX推進のほか、国の「空飛ぶクルマ」施策も推進。
2019年夏から長崎県庁に出向。趣味はストリートピアノ、コナミスポーツ(ボディアタック/パンプ)


「再考、DX・第4次産業革命 ~コンセプトと組織戦略~」
株式会社野村総合研究所
主席研究員 藤野 直明 氏  梶野 真弘 氏
行政(経済産業省、財務省、国土交通省、総務省他)へのシンクタンク業務(政策研究等)に加え、民間企業へのコンサルテーション、主にSCMを担当。
近年は、グローバル企業の業務革新、オムニチャネル・リテイリング、インダストリ4.0等について調査研究を行うと共に各種調査・コンサルティング・講演活動を行っている。


「中小企業でのDX実現に向けて(経営改革・マインド改革)」
ものづくりテラス
代表 林 芳樹  氏
1973年富士通株式会社入社。
システムエンジニアとして制御系、ミニコンOS,通信制御システムの開発に従事した後、関係会社のパナファコム(現PFU)に異動し、自社工場の生産管理システム、製造支援システムの構築、生産革新の対応を推進。
1997年より再度システムエンジニア部門に異動し、主に電機、精密、機械、食品の各企業の生産管理システムの構築、生産革新の取組を支援。
2008年に独立し、企業のしくみづくり、従業員の意識改革等を支援している。


継続的に進化するIoT導入推進へ!
(副題)現場データの収集と見える化の最適な実現方法とは?
株式会社デンソーウェーブ
IoT推進部 部長 名波 知之 氏
1988年に株式会社デンソーに入社し産業用制御機器であるPLCの開発に従事。
2008年からは、家庭向け空調コントローラ、HEMSおよびV2H等一般家庭向け製品の事業企画、商品企画および製品開発に従事。
その後、株式会社デンソーウェーブに転籍しIoT事業の創設に関わり、IoT事業の確立に向けた事業推進に携わっている。

お問い合わせ先

株式会社MMプロダクション 松本
メール:matsumoto@mm-prod.com

ダウンロードファイル