「スタートアップラウンジ(第61回)×NAGASAKI起業家大学コラボイベント」参加者募集のご案内

主 催(公財)長崎県産業振興財団
開催場所スタートアップ交流拠点 CO-DEJIMA/オンライン開催(Zoom利用)
応募締切2021年11月12日

 (公財)長崎県産業振興財団では、平成28年度から、県外需要の取り込みや、新規ビジネスの創造等可能性を秘めた起業を支援するため、スタートアップラウンジを開催しています。

 今回は、11月より始まる、実践的な指導で事業の成長を加速させることを目的とした、起業家のための総合的集中支援プログラム「NAGASAKI起業家大学」とのコラボイベントとなります。

 今後、「NAGASAKI起業家大学」では、起業した瞬間から直面する課題を中心に、その道に精通した多彩な講師陣によるオープンセミナーを順次開催してまいります。詳しい内容につきましては、別途ご案内させていただきます。

 起業に興味がある方、事業承継を目指す方、経営者/新規事業担当者の方、金融機関・創業支援の方などのご参加をお待ちいたしております!

開催概要

開催日時

2021年11月13日(水)15:00~17:30

開催場所

スタートアップ交流拠点 CO-DEJIMA/オンライン開催(Zoom利用)
 ※CO-DEJIMA会場でのご参加は、30名以下かつ緊急事態宣言区域・まん延防止等重点措置区域以外の方に限らせていただきます。

プログラム

タイトル 『データとDXを活用して地域や店舗の魅力を高めるには』
内 容  『スピーカーからのご案内』⇒
街や店舗・施設の魅力を高めるには何をするべきでしょうか?
今回は「データ駆動型のエリアマネジメント」というキーワードで、来訪者をデータで把握し、複数の業態が連携することで地域の魅力を高める戦略を、ご一緒に考えましょう。
また東京のスタートアップの動向や起業のHow to、「都市を再発明する」を目的に活動するアーバンエンジニアリング企業scheme vergeが目指すビジョンについてお話ができればと思います。
スピーカー scheme verge株式会社 Co-founder,Relationship Manager 須田 英太郎 氏
講師:scheme verge株式会社 Co-founder,Relationship Manager 須田 英太郎 氏

(略歴)
大学院在学中の2018年にscheme verge株式会社を創業し、DXとデータ連携による地域の滞在体験の向上を各地で進めている。
共著に『モビリティと人の未来―自動運転は人を幸せにするか』(平凡社)がある。

 

ファシリテーター 有限責任監査法人トーマツ 澤村 俊哉 氏
講師:有限責任監査法人トーマツ 澤村 俊哉 氏

(略歴)
熊本県出身。
大学在学中に即戦力の営業人材を紹介する「カクトク」の創業メンバーとして従事。
その後、個人でデザイン、WEB制作などの受託、化粧品のD2C事業を展開。
現在はトーマツでクリエイティブのディレクションからスタートアップ支援まで幅広く従事。

主催

(公財)長崎県産業振興財団第61回スタートアップラウンジ開催案内チラシ

参加費

無料

定員

CO-DEJIMA会場 15名 / オンライン 30名
※定員に達した場合、お断りする場合がございます。あらかじめご了承下さい。

申込締切

2021年11月12日(金) 

申込方法

下記の参加フォームよりお申込み下さい。
NAGASAKI起業家大学オープンセミナー共通申込フォームとなっております。
(電話からのお申込みは受け付けておりませんので、予めご了承ください。)

申込先

公益財団法人長崎県産業振興財団 新事業創出支援グループ 担当:内島
電話:095-820-3091 / ファクシミリ:095-827-5243

参加申込みフォーム

ダウンロードファイル

関連記事