ISO 19011 共通監査規格のポイント


ISO9001が構築を要求する品質マネジメントシステム(QMS)とISO14001が構築を要求する環境マネジメントシステム(EMS)・・・。品質・環境という切り口の違いがあっても、監査スキルや監査の進め方には大きな違いがないため、「品質・環境ち区別することなく、マネジメントシステム自体への共通監査企画をつくるべきでは・・・」という声が、ここ数年、審査登録をした組織から多くあがっていました。

それに応える形でいよいよISO化された規格がISO19011。この企画はISO9000fとISO14000sの監査規格の整合性をとりつつ発展させたもの。ISO9000fとISO14000sの双方を審査登録している組織の内部監査の実際を考慮した内容になっています。
このビデオは、ISO19011の全体像や特長を、従来の企画と比較しながらわかりやすく解説します。

申込番号巻数タイトル収録時間入荷日
H-010_1 第1巻 ISO 19011 共通監査規格のポイント  30分 2002/10/29

第1巻 ISO 19011 共通監査規格のポイント 

  • 内部監査の意義
  • マネジメントシステムの監査とは
  • ISO19011の全体像
    監査のPDCA/監査の流れ/監査員の力量とトレーニング
  • ISO19011の特徴
    文書審査の意義/QMSとEMSの共通点
  • 監査システムのポイント
    力量を基にしたスキルアップ/監査システムのレベルアップ