両立支援等助成金(出生時両立支援助コース:男性労働者の育児目的休暇)

  • 企業支援ガイド
  • 補助金 等
  • 人材を育成・確保したい

支援の種類補助金 等
支援の目的人材を育成・確保したい
質問内容

仕事と家庭の両立を図るために、男性労働者の育児目的休暇の取得を推進したいのですが・・・

管轄機関労働局
制度内容
支援の概要

男性労働者が、子の出生前後に育児や配偶者の出産支援のために取得できる育児目的休暇の制度を新たに導入し、労働者に利用させた事業主に助成します。

対象となる方

次のすべてに該当する雇用保険の適用事業の事業主であること。

(1) 平成30年4月1日以降に、子の出生前後に育児や配偶者の出産支援のために取得できる育児目的休暇の制度を新たに導入し、労働協約又は就業規則に規定していること。

(2) 当該休暇制度は、分割して取得することが可能であること。

(3) 男性労働者が育児目的休暇を取得しやすい職場風土作りの(下記のような)取組を行っていること。

イ 男性労働者を対象にした、育児目的休暇制度の利用を促進するための資料の周知

ロ 管理職による、子が出生した男性労働者への育児目的休暇の取得の勧奨

ハ 男性労働者の育児目的休暇取得についての管理職向けの研修の実施

(4) 雇用保険の被保険者として雇用する男性労働者が、子の出生前6週間又は出生後8週間以内(出生日も含む)に、当該男性労働者1人につき合計して8日以上(中小企業主は5日以上)の育児目的休暇を取得したこと。

助成額

1事業主当たり(1回限り):28.5万円<36万円>(中小企業以外14.25万円<18万円>)

※ < >内は生産性要件を満たした場合の支給額です。

受付期間

子の出生前6週間又は出生後8週間以内に取得した育児目的休暇であって、当該休暇の取得日数が合計8日(中小企業にあっては5日)の制度利用の最終日の翌日から2か月以内です。

問い合わせ先

長崎労働局雇用環境・均等室

TEL:095-801-0050