ものづくり支援資金((株)商工組合中央金庫取扱分)

  • 企業支援ガイド
  • 融資・保証等
  • 生産及び経営を効率化したい , 技術力、研究開発力を強化したい

支援の種類融資・保証等
支援の目的生産及び経営を効率化したい
技術力、研究開発力を強化したい
質問内容

技術力・生産開発力を強化したい

管轄機関(株)商工組合中央金庫
制度内容
対象となる方

中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づき、経済産業大臣から「特定研究開発計画」の認定を受けられた方

対象となる資金

特定研究開発計画に基づいて行う事業に必要な設備資金、長期・短期運転資金(商手割引を含む)

貸付条件等

概要は下記のとおりですが、詳細は商工中金の窓口までお問い合わせください。
【金額】
制限はありません(但し、優遇レートを利用する場合は3億円以内)
【期間】
設備資金:15年以内(うち据置2年以内)
運転資金:  5年以内(うち据置1年以内)
但し、実情に応じ7年以内(うち据置3年以内)
【利率】
所定の利率 商工中金の長期プライムレート等に担保条件、財務条件によって所定の利率が上乗せされます。詳細は商工中金の窓口までお問い合わせください。
※5年見直し型も選択できます。

必要書類等
  • 3期分の決算書、月別売上資料、最近の試算表等をご用意下さい。
  • ご融資の際に所定の契約書・下記特定研究開発計画等承認書等、念書、商業登記簿謄本、印鑑証明書等が必要となりますが、必要となる時点で商工中金よりまとめてご依頼申し上げます。

【ご注意ください】

  1. 審査の結果によっては、ご融資できない場合、もしくはご融資金額の減額、ご融資期間の短縮等、ご希望に沿えない場合があります。
  2. 最終期限より前にご融資金額の一部または全額をご返済する場合、期限前弁済手数料が原則必要となります。
ご参考

【中小ものづくり高度化法の概要】

  1. 「基盤技術別高度化指針」の策定
    重要産業分野(燃料電池・ロボット・情報家電・自動車・福祉・環境・医療)の競争力強化に必要な基盤技術(20分野※)について、市場動向を加味した「中小企業が目指すべき技術開発の方向性」を示した、将来ビジョンを経済産業大臣が策定します。
    ※(1)組込ソフトウェア、(2)金型、(3)電子部品・デバイスの実装、(4)プラスチック成形加工、(5)粉末治金、(6)溶射、(7)鍛造、(8)動力伝達、(9)部材の結合、(10)鋳造、(11)金属プレス、(12)位置決め、(13)切削加工、(14)織染加工、(15)高機能化学合成、(16)熱処理、(17)溶接、(18)めっき、(19)発酵、(20)真空の維持
    ※平成20年2月に「溶射」に係る技術が基盤技術に追加されました。
  2. 1の指針に基づいて、中小企業が(他の事業者と協力して)自ら行う研究開発計画を作成し、各経済産業局での計画認定を受けます。
  3. 認定事業者は、共同研究テーマに対して最大1億5千万円が委託される「戦略的基盤技術高度化支援」の他(別途募集、審査要)、「信用保証枠の拡大」「特許料の減免」等が受けられます。

【認定申請に係る留意点】

  • 支援を受けたい中小企業者の方はまず「特定研究開発等計画」を申請し、認定を受ける必要があります。(認定にあたっては各経済産業局の審査がございます)
  • 認定審査では、「特定ものづくり基盤技術高度化指針」との適合性や計画の実行性等が審査されます。
  • 認定後に支援措置(研究開発委託費等)を受けるためには、それぞれの各支援措置ごとに申請をする必要があります。(別途審査がございます)
  • 計画の提出先となる経済産業局は、研究開発を行う拠点となる施設の所在地を管轄する経済産業局となります。
問い合わせ先

商工組合中央金庫長崎支店
TEL:095-823-6241
佐世保支店
TEL:0956-23-8141