雲仙市産業サポート事業費補助金

  • 企業支援ガイド
  • 補助金 等
  • 新事業へ取り組みたい , 創業したい

支援の種類補助金 等
支援の目的新事業へ取り組みたい
創業したい
質問内容

創業したい。
経営改革を図りたい。
新たな事業に取り組みたい。

農商工連携の事業に取り組みたい。

買物弱者を支援する事業に取り組みたい。

管轄機関雲仙市
制度内容
趣旨・目的

創業し、または新たに設立された企業の事業活動及び中小企業の経営改革、異業種の連携による新事業並びに買物弱者支援事業への支援を行い、市内産業の活性化及び健全な発展に資することを目的としています。

事業種別

(1) 創業・経営改革サポート事業

(創業及び新たに設立された企業の事業活動の支援並びに中小企業の経営改革の支援)

(2) 農商工連携サポート事業

(異業種の連携による新事業の支援)

(3) 買物弱者支援サポート事業

(買物弱者支援事業の支援)

補助対象者

(1) 市内において創業又は経営改革に取り組む個人及び中小企業者

(2) 農商工連携事業を行う者で、市内農林漁業者を含む2業種以上の事業者で組織し、お互いの資源や工夫を出し合い、協力し合って役割と責任を遂行するなど、密接なつながりを持つ連携体

(3) 市内において買物弱者支援事業を行おうとする個人及び中小企業者

補助対象事業

(1) 高い技術と優れた事業計画により新しい事業または経営改革に取り組み、事業化を行うもので、次の条件をいずれも満たすもの。

①高い成長性が期待される事業計画を有すること。

②許認可等が必要な業種については許認可を受けていること、または受ける見込みがあること。

(2) 農林漁業者(第1次産業の事業者)と商工業者(第2次産業及び第3次産業の事業者)が連携して行う新商品、新技術、新サービスの開発及び提供する事業を行うもので、次の条件をいずれも満たすもの。

①本市のもつ地域資源を活かした事業であること。

②市場性が高く将来的に有望であると認められる事業であること。

③地域への高い貢献度が見込まれる事業であること。

(3) 買物弱者支援事業を行おうとするもので、次の条件をいずれも満たすもの。

①買物弱者支援事業のみを行う事業者にあっては市からの補助金(買物弱者支援事業に係る初期投資等の一時的な経費に対するものを除き、公共的団体等を通じた間接的補助金を含む。以下同じ。)を受けることなく、継続して事業を実施でき、買物弱者支援事業以外の事業をあわせて行う事業者にあっては事業者全体として、市からの補助金を受けることなく、継続して事業を実施できること。

②許認可等が必要な業種については、当該許認可等を受けている、または受ける見込みがあること。

※補助対象にならない事業

①研究開発の全部または大部分を他に委託する場合

②研究開発や事業推進目的以外で機械・器具を購入するための申請と見なされる場合

③従来から既に存在する事業や類似した商品開発のために行う事業

補助対象経費

(1)、(2)、(3)共通   研究開発費、事業推進費、販路開拓費、その他の経費

補助率等

(1)、(2)、(3)共通 ①補助率:補助対象経費の2分の1以内 ②補助限度額:1件につき300万円

なお、新規常用雇用者数(正社員以外については、2人の雇用をもって正社員1人の雇用とみなす。)が2人以上の場合は、500万円が限度。

審査方法

応募期間中があり、〆切後、市における事務的審査(1次審査)、申請者によるプレゼンテーション及び質疑応答を行う面接形式の審査会(2次審査)を行います。

※上記のほか、諸条件がありますので、詳しくは雲仙市商工労政課へお尋ねください。

問い合わせ先

雲仙市産業部商工労政課
TEL:0957-38-3111 FAX:0957-38-3205
E-mail:shokorosei@city.unzen.lg.jp