両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)

  • 企業支援ガイド
  • 補助金 等
  • 人材を育成・確保したい

支援の種類補助金 等
支援の目的人材を育成・確保したい
質問内容

今後直面する、または現在介護をしている労働者のために、介護に関して理解ある職場環境にしたいのですが・・・

管轄機関労働局
制度内容
支援の概要

労働者の仕事と介護の両立に関する取り組みを行い、介護休業又は介護制度の利用者が生じた事業主に助成します。

対象となる方

次のすべてに該当する雇用保険の適用事業の事業主であること。

  1. 従業員の仕事と介護の両立に関する実態把握を実施
  2. 介護に直面する前の従業員への支援を実施
  3. 介護に直面した従業員への支援(相談窓口の設置及び周知)
  4. 介護支援プランを作成していること。
  5. 育児・介護休業法に規定する、介護休業制度および介護制度等について、就業規則等に規定していること。
  6. 介護休業を1ケ月(分割取得の場合は30日)以上又は介護制度を3ケ月(分割取得の場合は90日)以上利用していること。対象となる介護制度は「所定外労働の制限制度」「時差出勤制度」「深夜業の制限制度」「短時間勤務制度」
助成額

介護休業の利用:57万円〈72万円〉 (大企業は38万円〈48万円〉)

介護制度の利用:28.5万円〈36万円〉 (大企業は19万円〈24万円〉)

〈〉内は生産性要件を満たした場合の支給額です。

※いずれも雇用期間の定めのない労働者、期間雇用者それぞれ一人ずつ支給対象となります。

受付期間

<介護休業> 介護休業から復帰した日から1か月経過する日の翌日から2ヶ月以内です。

<介護制度> 申請に係る連続3か月又は合計90日の介護制度利用期間の最終日から1か月を経過する日の翌日から2か月以内です。

問い合わせ先

長崎労働局雇用環境・均等室

TEL:095-801-0050